購入がお得?振袖レンタルと購入のメリットとデメリット

和傘をもつ振袖の女性

振袖レンタルと購入のメリットとデメリット

成人式に振袖を着たい女性は多いのではないでしょうか。振袖はレンタルするのが良いのか、購入するのが良いのか。
それぞれのメリット・デメリットを比較したので、迷った時の参考にして下さい。

気になる値段の比較

振袖をレンタルするか、購入するかを考える時、何回振袖を着る機会があるのか、収納場所をどうするかなども考えますが、やっぱり気になるのはお値段ですよね。

振袖を着るとは言っても、必要なものは着物だけではありません。袋帯・帯あげ・帯締め・重ね衿・長襦袢・バッグ・草履・枕・肌着とその他まだまだ揃えるものはあります。

振袖に限らず、着物も帯も値段は生地や柄により値段が大きく変わるので、一概にいくらですと予算が出るものではありません。一式揃えるとなると50万円から、上はいくらにでもなります。

フルセットで、正絹の振袖を成人式・卒業式シーズンにレンタルした場合、だいたいの金額は25万円からです。レンタル料の目安は、購入額の半額と考えて下さい。
レンタルした着物を返却する際は、クリーニング不要で返せるお店が多いので、借りた後の心配は特にありません。

振袖を成人式や卒業式、謝恩会や結婚式などに色々着る予定がある方は、購入した方がお得です。高い買い物なので、まずは何回着る機会があるのか検討することも大切です。

それでは購入がお得か、レンタルがお得か、それぞれのメリット・デメリットをあげて検討してみましょう。

振袖を購入した時のメリット

1.自分の振袖を持つことができる。
2.何度も着ることができる。
3.将来振袖を落として、訪問着として着られる。
4.娘ができた時は、着物を譲ることができる。

振袖を購入した時のデメリット

1.クリーニング代がかかる。
2.生地が痛まないように保管や管理に手間がかかる。
3.もしも模様に飽きても、同じものを着なくてはいけない。

自分の振袖が持てるのは、とても嬉しいことですよね。何枚も振袖を買う方はいないと思うので、「これしかない!」と思える振袖をじっくり選んで下さい。

着物に流行がないとは言いませんが、洋服とは違い、世代を超えて楽しめる日本の文化です。おばあちゃんの若い頃の着物を孫が着るということも、珍しくはありません。自分の着物を後々残していくという見方をすれば、高すぎる買い物ではないのかもしれません。

振袖は、着た後や保管時の管理が大変です。クリーニングに出して、虫やシミがつかないように気をつけるのですが、そうやって手をかけることで自分の振袖という自覚が出て、より愛着が湧くのかもしれませんね。
また、そういった高価なものも管理ができる年齢になったという証です。

振袖をレンタルした時のメリット

1.クリーニング代がかからない。
2.保管場所の心配がいらない。
3.毎回違う振袖と帯が楽しめる。

振袖をレンタルした時のデメリット

1.好きな着物が予約できるか、または見つかるかは分かりません。
2.着物が手元には残らない。
3.お店で見ない限り、色のイメージが違うことがある。

成人式シーズンの振袖レンタルは、長期レンタルできるお店もあります。長く借りれると、写真を前撮りすることもできます。ただそれだけに、気に入った着物が予約できるかは難しくなるので、レンタルすると決めたら早めの予約が重要です。
今は成人式の1年前から予約する方も珍しくありません。

お店によってレンタル開始期間やレンタル期間も違うので、そういったことにも気をつけて比較して下さいね。レンタルできるお店はいくつもあるので、振袖を色々と比べる楽しみもあります。
また、足袋は新品なものが届けられ、返却しなくて良いことが多いので、とても衛生的です。
サービスに関しては、家に届き、着払いで返却できるなどとても便利ですよ。

ニュース

2017/03/08
成人式で振袖を着た時の防寒対策を追加しました。
2017/03/08
靴と異なる振袖の草履選びを追加しました。
2017/03/08
振袖に合わせるバッグの流行を追加しました。
2017/03/08
成人式の振袖は、何色が人気なの?を追加しました。