購入がお得?振袖レンタルと購入のメリットとデメリット

振袖に合わせるバッグの流行

振袖とバッグ

振袖に合わせるバッグで全体の雰囲気が変わるほど、意外と大きな役割を持つ小物がバッグです。今はだいぶ自由になってきたとはいえ、何はOKなのか、何はNGなのかをまとめました。

振袖のバッグ

以前は、和装には布製のバッグを持ち、全体の雰囲気にあった草履とセットのバッグを持つことが主流でしたが、今はそればかりではありません。エナメルが使われてるバッグがあったり、洋装のバッグでも振袖に合えば持つことも可能です。ブランドのバッグも、振袖に合い、ブランド名が前面にでていなければ問題ないですよ。

母親とは、もしかしたら意見が合わないかもしれません。その時は、今は少し変わってきていることを説明し、コーディネイト例の写真を見せてもいいかもしれませんね。ただ、やはり文化を重んじる気持ちはとても大切なので、正統派の良さも受け入れて、折り合いをつけて下さい。

振袖には合わないバッグ

1.ショルダーバッグ
2.振袖に傷がつきそうなデザインのもの
3.大きすぎる洋装のバッグ

以前とはバッグの選び方が変わってきたとはいえ、やはり振袖には合わないバッグがあります。
こういったバッグは振袖には持ちません。

和装のバッグは小さい!

和装のバッグはとても小さめです。結婚式などのクロークにサブバッグを預けられる時は特に問題ないのですが、成人式などにサブバッグも持っていては格好が悪いです。
振袖を着た日は、お財布もメイクの道具も小さなものを最小限持ちましょう。バッグにはハンカチ、ティシュ、そして風呂敷をしのばせておくと便利ですよ。

ニュース

2017/03/08
成人式で振袖を着た時の防寒対策を追加しました。
2017/03/08
靴と異なる振袖の草履選びを追加しました。
2017/03/08
振袖に合わせるバッグの流行を追加しました。
2017/03/08
成人式の振袖は、何色が人気なの?を追加しました。