故人にあった納骨堂を―種類・立地など選ぶ時のポイント解説します

骨壺

簡易な埋葬や葬儀法を選ぶ方が増えています

葬儀場

最近は、従来のような派手で規模の大きな葬儀は減少し、家族葬や一般の葬儀であっても親族や身近な人を中心とした小規模な葬儀を営む方が増えています。また、最近話題になっている終活の一環として、生前に自分の葬儀を営む式場の積み立て会員となり、遺族にできる限り負担を掛けないように準備されている方もいます。
同様の簡素化の傾向は、埋葬方法にも現れており、一般的なお墓に埋葬するのではなく、永代供養をしてもらえる永代供養墓や納骨堂に納骨される方が増えています。こうした傾向には、過大な費用を掛けずに、簡素に葬儀や埋葬し、ごく親しい人達で故人を偲んで送る方が良いという考え方の変化も影響しています。
さらに埋葬方法に関しては、少子化や核家族化の影響で、従来のお墓を維持する事が難しく、仮にお墓を建立しても何代も経ずして無縁化する恐れがあるという現実が大きく影響しています。
そして、この埋葬方法に関しても、男子の子供や孫が居たとしても、その家族に経済的な負担を掛けさせたくないという思いから、生前に終活の一環として永代供養墓に予約し、自分でお金を納めてくと言う気遣いをされる方が増えているのです。
時代背景の中で、こうした葬儀や埋葬方法の簡素化と言う選択肢が増えたことは、ある意味自然な事といえるかもしれません。還暦を過ぎれば、終活と言うほど改まった感じではなくても、自分の事として一度考えてみるのも良いのではないでしょうか。

最新記事一覧